bitcoin(仮想通貨)マイニングとは?個人でソフト使って報酬は得られるの?おすすめの方法

ここ近年、価格の高騰で度々話題になるビットコインですが、これを手に入れる方法として、円でビットコインを購入する方法以外に、採掘(マイニング)という方法があります。

マイニングって何?はたしてマイニングで儲かるのか?おすすめの方法をご紹介していきます。

bitcoin マイニングとは?

ビットコインの性質上、全ての取引記録を取引台帳に記録をします。それらの処理には、とんでもない量の計算量が必要になります。

そのためビットコインでは、これらの作業に、世界中のコンピューターソリースを借り、使っていない時間や、余っているCPUのリソースの一部を、ビットコインの運営に必要な計算に当ててもらって現在も運営しています。

この作業で、コンピュータリソースを貸してくれたユーザーに対して、見返りとしてビットコインが支払われます。これが、ビットコインマイニングと呼ばれる、ビットコインを手に入れる方法の1つになります。

そもそもbitcoinとは?

ビットコインとは、仮想通貨の一つの種類の名前です。一番有名どころですね。

円やドル、ユーロのように様々な種類の通貨がありますが、ビットコインは、実態がない仮想通貨の一つになります。

仮想の通貨とは

ビットコインとは何か、ひとことで言えば「仮想通貨」です。「仮想」の「通貨」です。まず、「通貨」ということからも、「コイン」ということからも分かる通り、ビットコインはお金です。円やドルというように、「お金」であることには変わりありません。「お金」なので、円やドルのように通貨の単位が存在します。ビットコインの単位は、BTC(ビーティーシー) と表記されます。1円や1ドルのように、1BTC(1ビットコイン)と、数えることができます。

しかし、「仮想」ということから分かる通り、円やドルとは違って、手にとって目に見える姿形が存在しません。大きく「B」と書いてあるコインが存在するわけではないのです。ビットコインは、「仮想」の「通貨」です。

引用;bitflyer.jp

ビットコインは誰が管理しているの?

銀行

まず銀行口座のシステムは銀行が管理しています。中央の管理システムに接続して、顧客は銀行のインターネットバンキングシステムに接続することによって、振り込み等ができます。

ビットコイン

一方、ビットコインのシステムは銀行のシステムとはかなり異なります。管理している管理者がいなく、利用者が対等の立場に立ってやり取りします。

つまり、利用者みんなで管理しているということです。

ビットコインを手に入れる方法とは?

  •  円やドル、ユーロと交換してビットコインを手に入れる
    日本人が、海外旅行にいく際、円をドルに両替するように、円とビットコインを交換することで、手に入れる方法です。詳しくは記事にしましたのでそちらを参考にしてください。
  •  ビットコイン採掘(マイニング)する
    先ほどお話したビットコインは採掘(マイニング)という方法により、ビットコインを手に入れる方法があります。

ビットコインマイニングは儲かるの?

結論から言うと、ビットコインのdifficulty(採掘難易度)が非常に高くなっているため、専用のハイスペックマシンを用意しないと個人で利益を上げることが非常に難しくなっています。

このような検証記事を書いた方もいらっしゃいました。↓

1時間マイニングして得られたビットコインはありません。ゼロです。ちなみに、マイニングで使ったCPUの性能は、インテルCore i5-4460です。このマイニングをしたのは2017年9月ですが、その時点でこのCPUは新しくありません。しかし、古くもありません。業務用として十分に機能します。

引用;crypto-currencies.jp

一応マイニングで、2015年時点で、毎月2億円を越す利益を出していた中国人 シャオユ氏。を載せておきます。現在は資産数百億と推定されてるみたいです。

ビットコインマイニング専用マシン

このビットコインマイニング専用マシンを構築するためには、数百万円レベルでの投資が必要になります。

そのため、現在は「クラウドマイニング(プールマイニング)」と呼ばれる多くの利用者で協力しあい、複数のコンピュータをインターネット接続し、採掘する方法も登場しています。

ビットコインマイニング専用でないパソコンで、ビットコインマイニングを行い利益を出すというのはかなり厳しいです。

クラウドマイニングとは

クラウドマイニングとは、マイニング方法のうちの一つでマイニングをおこなっているサービスに投資することによってマイニングに参加する方法です。

サービスに投資したお金がマイニング活動に使われ、そのマイニングで得られた利益をそれぞれ投資した額に応じて、配当される仕組みです。

【クラウドマイニングのメリット】

  1. ・初期の設備投資費用が必要ない
  2. ・電気代を気にする必要がない
  3. ・マイニング知識が必要ない
  4. ・インカムゲインを得られる

【クラウドマイニングのデメリット】

  1. ・詐欺の場合がある!
  2. ・本当にビットコインのクラウドマイニングが行われているかわからない
  3. ・手数料がかかる
  4. ・採掘難易度が上昇しても他の仮想通貨の採掘への切り替えが難しい

クラウドマイニングのリスク

最近ではハッキングでビットコインが盗まれる事件が目立ってきました。

94億円分のビットコインがハッキングで盗まれる

ビットコインのハッシュパワー取引サイト、ナイスハッシュ(nicehash)からハッキングによりビットコインが盗まれた。盗まれたビットコインが送られたアドレスを見てみるとその額は約4,700BTCに上るようで、1BTCあたり200万円のレートで計算するとその金額は94億円だ。この盗まれたお金にはこのサービスを使っていた人たちの資金が含まれる。

引用;coinchoice.net

コツコツマイニングして盗まれたら最悪ですね。

ではマイニングを利用して稼ぐ方法はないのか?あります。

マイニングをしている企業のICO(トークン)を買う

クラウドマイニングに似ていますが、この方法はICO(トークン)を買い、そのトークン量に応じて配当を貰える仕組みのICOが始まります。

ICOとは?

仮想通貨の「ICO」は「Initial Coin Offering」の略で「クラウドセール」の事です。

プレセール(Pre Sale)、トークンオークション(Token Auction)、などとも言われます。

「クラウドセール」ってゆうのは主に「トークン」と呼ばれる仮想通貨を企業が発行し、そのトークンを販売することで研究費や、開発費を調達する方法です。

詳しく記事にしています。参考にしてください↓

最近よく「ICO」と「仮想通貨」とゆう言葉を聞きます。そこで今回は仮想通貨についてあまりよく知らないという人向...

配当が貰えるおすすめICO(予想含む)

別途記事準備中です。

追記

GMOコインが、マイニング事業に精を出しているようです。

 仮想通貨ビットコインの世界では、インターネット上の通貨のやり取りの土台となるブロックチェーンに記帳する計算作業を担うと、コインを得られる。マイニング(採掘)と呼ぶこの作業は、膨大なコンピューター資源が必要だ。GMOインターネットは9月、マイナー(採掘者)になると宣言、まず100億円を投じるという。

引用;日本経済新聞

GMOコインについての記事

GMOコインの広告をよく見かけますが実際に評判はどうなのか?また、FX勢には嬉しいGMOコインのアプリの使い方...

これらのことは今後、記事にしていきますが、おそらくGMOコインがICOをやると思われます。(あくまで個人の予想)

その時に、仮に取引所になっていたら最優先で自分の取引所に上場させるでしょう。(あくまで個人の予想ですからねw)

何かアクションがあったときにすぐに行動に移せるように口座開設だけは済ましておきましょう。

GMOコイン公式サイトはこちら 

新情報入り次第また追記していきます。

おすすめ取引所

国内
海外
  • Binance…世界№1圧倒的な品揃えと手数料の安さ、日本語対応
  • HitBTC…ICO直後の仮想通貨を購入できる

LINE@配信

LINE@では主に下ネ〇…じゃなくて有益な情報を配信します。
よかったら友達追加してください。

心構え

当記事は、私が独自で調べたものをまとめて記事にしています。極力正しい情報を記載しようと記事にしていますが間違いもあるかもしれません。投資するしないの判断はご自身でお願いします。投資は自己責任です。最後までお読みいただきありがとうございます^^

開催中ICO

当サイトで紹介したICO案件で、期間中のICOをまとめました。 独自に精査したICO案件で、実際...