仮想通貨ICOとは?資金調達の成功例、initial coin offeringについて詳しく解説!その仕組み

最近よく「ICO」と「仮想通貨」とゆう言葉を聞きます。そこで今回は仮想通貨についてあまりよく知らないという人向けに詳しく解説していこうと思います。

初心者の方は必見となっていますので是非最後までご覧になってください。

それではやっていきましょう!Let’s do it!!!(禁断ボーイズ風)

ICOとは?

仮想通貨の「ICO」は「Initial Coin Offering」の略で「クラウドセール」の事です。

プレセール(Pre Sale)、トークンオークション(Token Auction)、などとも言われます。

「クラウドセール」ってゆうのは主に「トークン」と呼ばれる仮想通貨を企業が発行し、そのトークンを販売することで研究費や、開発費を調達する方法です。

トークンとは、証拠、記念品、代用貨幣、引換券、商品券などの意味を持つ英単語。

引用;IT用語辞典

新規公開株(IPO)と同じような感じと思ってください。※全く同じではありません。

IPO(Initial Public Offering)と何が違うの?

IPOとは、Initial Public Offeringの略で、日本語に直すと「新規公開株」「新規上場株式」となります。中身は新たな株を発行し、投資家に売り出し証券会社に上場し、誰でも株取引が出来るようにすることです。

IPOとの違いは、仕切る証券会社が存在せず、事業主体が直接売り出しを行うため、監査等が無く誰でも資金調達を行うことが出来ます。

ICOは、IPOのような明確な上場基準やルールが存在しないので、事業者がICOのルールを作ることができ、かなり自由に資金を集められます。

もちろんデメリットもあります。ただし、下で詳細については触れますが、ICOは手続きが簡単である反面、投資家側を保護するルールがまだ未整備です。ICOは非常にリスクの高い取引であり、買う人は自己責任で行うことを肝に銘じなければなりません。

ICOのメリット・デメリット

ICOの場合、「仮想通貨を発行する企業」と、その「仮想通貨を購入する投資家」の二つの視点でメリット、デメリットを語ることができます。順番に見ていきましょう。

ICOを発行する側のメリット(企業)

メリット

ICO、仮想通貨を発行する側のメリットは上記でもお話した通り、

「自由に資金を集めることが出来る」

というところにあります。

普通、資金を調達するには企業・銀行等に資金調達のためにお願いをしなくてはなりません。

しかし、ICOを行うことでそこまでの縛りはなく、より広く多くの募集をすることが可能になります。(取引所の許可さえあればトークンの売買が可能となります。)

新興 VR スタートアップの Decentraland は、完全なブロックチェーンをベースとするバーチャルな世界を作り出そうとしている。同社は ICO にて2,400万米ドルの資金をわずか35秒で調達し、ICO の資金調達記録を塗り替えた。

引用;http://thebridge.jp

このように秒速で資金調達できる企業もあります。

秒速って使うと○沢翼さんを思いだしますね。(笑)

ICOを購入する側のメリット・デメリット

メリット

投資した企業の事業が上手くいくと、その企業の市場価値が当然上がります。
それはその企業が発行するトークンの価値も上がるということになります。

つまり、企業がICOを開始した時に購入者となっていれば、購入した時よりもトークンの価値が上がっているので、売値が上がって利益(キャピタルゲインで)が出る。ということになります。だからこそICOに注目が集まっているのです。

デメリット

要はリスクですが、考えられることは悪い人が架空の企業を作ってICOを行う。つまりはそのICOが詐欺である可能性もあります。

実際に詐欺で告発された例もあります。↓

(米国時間10/01)証券取引委員会(SEC)は、ダイアモンドおよび不動産の仮想通貨資金調達(ICO)を、投資家を欺いたとして告発した。

初の仮想通貨に基づく不動産会社であるREcoin、およびダイアモンド会社のDRC Worldは、いずれもMaksim Zaslavskiyという実業家が所有している。SECは声明文で、これらの会社が未登録証券および、実在しないコインを無防備な投資家に販売したとして、Zaslavskiyを告発した。

引用;http://jp.techcrunch.com

騙されないためには、しっかりした知識を付け、投資するに値するか吟味出来るよう正しい情報「ホワイトペーパー」を確認することが大切になってきます。

「ホワイトペーパー」とは、企業が提出する企画書のことです。(ほとんど英語)

ICOはどうに買うの?

ビットコインやイーサリアム等でトークンを購入できます。

ビットフライヤーコインチェックZaif等でトークンに対応したコインを購入して送金します。

取引所がわからない方はこちらを参考にして下さい↓

おすすめICO

私はPM7というICOに投資しました。初心者でも手軽に始めることが出来ます。

詳しいやり方はこちらを参考にして下さい⇩

PM7というICOが現在はじまっております。 Bitcoin(ビットコイン)、Ether...

PM7公式サイトはこちら

ICOの今後

はっきりいってどうなるかはわかりません。稼げるかどうかは神のみぞ知るって感じです。しかしこれからどんどんICOの流れは大きくなって行くことは予測できます。

危ない橋を渡りたくない人には向いてないかもしれませんね。まあ私も出来る限り渡りたくありませんが、(笑)

しかし「その事業を応援する」「事業理念に共感して募金する」という性質も兼ね備えていますので、そういう意味では可能性を秘めています。

どんなことでも言えるのですが、難しいことにチャレンジ、危ない橋を渡った人に、それ相応のリターンがあります。Bitcoinがいい例ですね。Bitcoinの価格を表記した過去記事です↓

国内ではまだ一般的ではないこのICO、しっかり吟味したところに投資する価値はあると私は考えています。

最後に

全く話はそれますが

チャンネル登録者約20万人の有名youtuber「丸の内OLレイナさん」も仮想通貨投資をやっています。

そう。あのエッ〇なyoutuberです(笑)

ブログは探してみてください。

おすすめ取引所

国内
海外
  • Binance…世界№1圧倒的な品揃えと手数料の安さ、日本語対応
  • HitBTC…ICO直後の仮想通貨を購入できる

LINE@配信

LINE@では主に下ネ〇…じゃなくて有益な情報を配信します。
よかったら友達追加してください。

心構え

当記事は、私が独自で調べたものをまとめて記事にしています。極力正しい情報を記載しようと記事にしていますが間違いもあるかもしれません。投資するしないの判断はご自身でお願いします。投資は自己責任です。最後までお読みいただきありがとうございます^^

開催中ICO

当サイトで紹介したICO案件で、期間中のICOをまとめました。 独自に精査したICO案件で、実際...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする