BANKERA(バンクエラ)のICOの登録&買い方!上場時期はいつ?将来性がある仮想通貨

BANKERA(バンクエラ)のICOの登録方法、買い方(購入方法)と、上場時期などについてわかりやすく解説していきます。

銀行系の仮想通貨で、アドバイザーにNEM(XEM)財団のロン・ウォンCEOがいたり等、非常に将来性がある仮想通貨で、国内でも人気です。

すでに一般ICOは始まっていて、プレICOは大盛況で約30憶円以上の資金調達を成功させました。

出資額もトップ10に入るICOです。

売り切れる前に、この大本命ICOに投資しました。

以下詳細です。

追記)コインチェックがハッキングされましたが、こちらのウォレットは「コールドウォレット」での管理との公式発表!安心しました。

BANKERA(バンクエラ)公式サイトはこちら

SpectroCoin(スペクトロコイン)公式サイトはこちら

(追記)

銀行を買収しました。⇩

追記

BANKERA(バンクエラ)とは?

BANKERA(バンクエラ)公式サイトはこちら

SpectroCoin(スペクトロコイン)公式サイトはこちら

BANK:銀行 ERA:時代

BANKERA(バンクエラ)とは、SpectroCoin(スペクトロコイン)という、すでに成功している仮想通貨両替所、ウォレット等のサービスをしていて、

ブロックチェーンの技術をいかした金融サービスを目指している、これからの時代の銀行です。

  • 40万人以上の顧客
  • デビットカード発行、決済
  • 決済代行
  • 電子マネー
  • 仮想通貨取引(法定通貨、金と両替可能)
  • ローンの提供
  • 幅広い投資
  • 配当

仮想通貨は利用用途が限られている印象でしたが、日常生活に活用できるまで落とし込んでいて、これまでの仮想通貨のあり方や、銀行の時代を変える大規模プロジェクトなので、是非応援したいです。

SpectroCoin(スペクトロコイン)のサービス

SpectroCoin(スペクトロコイン)が提供しているサービスです。※無料、日本語対応

ちなみにこちらはコールドウォレットでの管理との公式発表!

SpectroCoin(スペクトロコイン)公式サイトはこちら

ビットコインの両替

  • 即時に両替で手元の資金がすぐに利用可能
  • 150カ国以上、30種類以上の通貨をサポート
  • クレジットカードやデビットカード、銀行振込、現金支払など20種類以上の入出金方法をサポート

デビットカード

  • 世界中の3,000万台以上のATMと2,500万以上の店舗で使用可能
  • 時差など関係なく、世界中のどこでもすぐビットコインを使える
  • 入出金の限度額が高く、利便性アップ

モバイルウォレット

  • 携帯電話、Webブラウザ、各タブレットからビットコインを簡単に管理
  • いつでもどこでも安全かつ簡単にビットコインの送金・入金・購買・売却の手続きが可能

ビットコイン決済

  • 実店舗でもオンラインショップでもすぐ導入可能
  • ビットコイン以外に、USD(米ドル)、EUR(ユーロ)、GBP(ポンド)またはその他の通貨も受取可能
  • アプリケーション・プログラム・インターフェイス(通称API)またはeコマースプラグインを通して簡単に統合

これらはすでに提供されています。しかしSpectroCoin(スペクトロコイン)は、BANKERAが提供するサービスのほんの一部です。さらにこれらのウォレットはコールドウォレットです。

BANKERAのICO詳細

BANKERA(バンクエラ)公式サイトはこちら

SpectroCoin(スペクトロコイン)公式サイトはこちら

  • トークン名:BNK(Banker)
  • 受け入れ:BTC、ETH、NEM、DASH
  • トークン価格:現在0.020EUR(約2.7円)~
  • ICO期間:~2018/02末
  • 最大調達資金:約200憶(約82億円の資金調達済)
  • 配当:BNK保有量に応じて毎週(事業利益の20%分配)
  • 出資者:現在5万7千人以上約8万人

余ったトークンは、購入者に分配されるそうです。

BANKERAのアドバイザー

BANKERA(バンクエラ)公式サイトはこちら

SpectroCoin(スペクトロコイン)公式サイトはこちら

仮想通貨ICOでは、アドバイザーの存在で信頼度やプロジェクトの実現度が変わるもの。

BANKERAのアドバイザーには、なんと国内でも人気のアルトコインXEMの、NEM財団CEOロン・ウォン氏がいます。

さらに、その横には欧州の議員さんが二人も。

すでに仮想通貨で成功してノウハウがある方と、政治面からでもこれはかなり期待出来ますね。

アドバイザーの公式Twitter

Lon Wong…NEM.io財団、CEO ロン・ウォン氏

Antanas Guoga…欧州議会議員 アンターナス・グゥオガ氏

Eva Kaili…欧州議会議員 エヴァ・カイリ氏

登録方法

SpectroCoinに登録⇒入金⇒トークン購入という流れです。

1.SpectroCoin(スペクトロコイン)にアクセス↓

SpectroCoin(スペクトロコイン)公式サイトはこちら

2.ログインクリック

※右上の地球のアイコンで言語切り替え可能。

3.「申し込む」⇒必要事項入力⇒「申し込む」クリック

point

  • 英数字混合
  • 八文字以上
  • 大文字小文字混合

4.メールが届く⇒リンククリック

以上で登録は完了です。続いて送金&トークン購入方法です。

トークン購入方法

SpectroCoin(スペクトロコイン)に送金

1.SpectroCoin(スペクトロコイン)にログイン

SpectroCoin(スペクトロコイン)公式サイトはこちら

2.「入金」⇒「(お好きなコイン)入金する」クリック

※ビットコインでトークンを購入する場合は「ビットコインを入金する」クリック

3.アドレスコピー⇒取引所から送金

ビットフライヤーコインチェックZaif等から指定のアドレスへ送金して、反映が確認できたら完了です。購入に入ります。

BNKトークン購入方法

SpectroCoin(スペクトロコイン)公式サイトはこちら

1.「両替取引」⇒購入数量入力⇒「送信する」クリック

point

  1. 両替取引…クリック
  2. 両替するアカウント…先ほど送金した通貨
  3. お受け取りアカウント…BNK選択
  4. 購入数量…入力
  5. 送信する…クリック

次の画面で「承認する」をクリックで購入完了です。BNKの反映を確認してください。

おめでとうございます。

BANKERA(バンクエラ)公式サイトはこちら

SpectroCoin(スペクトロコイン)公式サイトはこちら

ロードマップ

ITインフラの開発完了

  • ITインフラはすでに開発済
  • SpectroCoinで実用最小限の商品(MVP)として利用可能
  • SpectroCoinは535,300人の顧客を抱え、65,000枚のカードを発行済み

プレICO完了

  •  総額25億のBNKトークンが2,500万ユーロで売却済
  • これまでで最大のPre-ICOの1つ
  • プレICOには16,000人以上が参加

ウォレット機能完了

  • P2P送金のフルサポートとモバイルウォレットの提供開始
  • 決済ネットワークのメンバーシップも申請

11月27日 – 2月末

  • イニシャル・コイン・オファリング(ICO)の実行
  • トークンの30%を配布することで資金調達
  • ブロックチェーン時代のための最良の銀行を構築

2018年上半期

  • 取引所公開
  • 主要な暗号通貨とERC20およびNEMモザイクトークンをサポートする Bankera取引所 の開始

2019年前半

  • バンキング機能
  • ICO後、銀行ライセンスを取得、これにより、融資や預金サービスが提供可能

2019年後半

  • 投資ソリューション
  • 上場投資信託(ETF)や、暗号トークン投資ファンド、ロボアドバイザーなどの低コスト投資ソリューションの提供開始

2020年

  • 新たな通貨
  • 投資商品と支払い商品との相乗効果により、経済成長に連動した通貨や価値交換媒体としての上場投資信託(ETF)の使用など、新たな通貨が提供

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

ブロックチェーンの時代へ

BANKERA(バンクエラ)公式サイトはこちら

SpectroCoin(スペクトロコイン)公式サイトはこちら

上場先&時期

独自のプラットフォーム(取引所)を用意しているみたいです。他の取引所でもおそらく上場するでしょう。

SpectroCoin(スペクトロコイン)ではすでに取引できます。

上場時期はICO終了後だと思われますが、今の所不明です。判明次第追記します。

BANKERA(バンクエラ)公式サイトはこちら

SpectroCoin(スペクトロコイン)公式サイトはこちら

BANKERAの今後の収益

BANKERAは初年度収益1100万ユーロ、10年以内に5億ユーロまでの拡大を見込んでいるようです。

ですがあくまで予測なので「すごいなぁ」で良いかと思います。

BANKERAの評判

さすがに国内でも人気のICO案件なので、良い評判と期待の声がかなり多かったです。

BANKERA(バンクエラ)公式サイトはこちら

SpectroCoin(スペクトロコイン)公式サイトはこちら

まとめ

ハードキャップが約200億円とかなりでかいのでこれが売り切れたら本当にすごいです。

しかし売れ残ってもトークンは、トークンホルダーに分配されるのでこっちもこっちでお得に感じます。(1トークンが安くなるから)

やはり、一番のメリットはICO中にも関わらず、配当が毎週あることがデカいです。(ETHで支払)

保有量に応じた配当なので、多めにトークンを保有することを考えてもいいですね。上場してもBNKは配当が貰えるので手放す人は少なそう。

しかもサービスも徐々に提供済み。形になっています。期待大ですね!

BANKERA(バンクエラ)公式サイトはこちら

SpectroCoin(スペクトロコイン)公式サイトはこちら

追記

朗報です。Bankera (バンクエラ)の共同設立者が銀行を買収しました。

その銀行は、バヌアツが本拠地のPacific Private Bank(パシフィックプライベート銀行)です。

20年の歴史を持った銀行です。⇩

おすすめ取引所

国内
海外
  • Binance…世界№1圧倒的な品揃えと手数料の安さ、日本語対応
  • HitBTC…ICO直後の仮想通貨を購入できる

LINE@配信

LINE@では主に下ネ〇…じゃなくて有益な情報を配信します。
よかったら友達追加してください。

心構え

当記事は、私が独自で調べたものをまとめて記事にしています。極力正しい情報を記載しようと記事にしていますが間違いもあるかもしれません。投資するしないの判断はご自身でお願いします。投資は自己責任です。最後までお読みいただきありがとうございます^^

開催中ICO

当サイトで紹介したICO案件で、期間中のICOをまとめました。 独自に精査したICO案件で、実際...